sbgp015蛍光塗料
SBGP015はブルーの蛍光塗料


今回は
グランドセイコー誕生60周年を記念した
限定モデル「SBGP015」のレビューです。


結論、「濃厚な特別感が味わえる手頃な1本」



どう特別なのか?
GSマニアの筆者的にはこの3つ。

  • 魅力1:GS伝統色の「紺色」
  • 魅力2:セラミック製ベゼル
  • 魅力3:角ばった堅牢なケース



こういう時計、GS初なんじゃ無いかと思います。
しかも限定2000本。
貴重な存在であることに間違いありません。


今回も時計レンタルサービス「カリトケ」から
SBGP015をお借りして
1ヶ月みっちり使った忖度なしのレビューをしていきます。



※ 今だけ「カリトケ」初回1ヶ月無料中。
違約金なしで安心して憧れの時計が試せます。
気になる人はこちらの記事もどうぞ
>>KARITOKE(カリトケ) 6ヶ月レビュー&マジな感想!デメリットは?



SBGP015の魅力1:GS伝統色の「紺色」

グランドセイコー60周年記念モデル
SBGP015(9F85-0AB0):GS伝統色を採用


GSでも青系の文字盤はよく見かけますが、
ブランドの象徴カラーと同じ紺色を使っているのは珍しいです
ショーケース、カタログ、化粧箱とかは紺色なんですけどね。
60周年モデルのラインナップは全部で6種類。


GS 60周年記念モデル
60周年モデル SBGP015は一番右


文字盤とベゼルを紺色に取り入れたモデルは
このSBGP015のみです。
パッと見たときの特別感はこの時計が一番ではないでしょうか。

SBGP015の魅力2:セラミック製ベゼル

ジルコニアセラミックス
ベゼル:セラミックならではの艶やかな光沢


個人的にこの時計の最大の特徴は
ジルコニア・セラミック製のベゼルだと思います



2016年にGSから新素材としてリリースされたもので
当時は一部の超高級モデルに採用された素材です。


ステンレスよりも圧倒的に傷がつきにくいので
ずっとピカピカ。
実際に筆者の手元にあるSBGP015もキズは一切なし。
ステンレスのケースには小キズが有りますが。


美しい見た目も特徴的で
セラミックならではの奥深い艶やかさがたまりません。
金属では味わえない質感です。


SBGP015の魅力3:角ばった堅牢なケース

sbgp015とsbgr251ケース比較
左:SBGP015 角ばったケース  右:GSの標準的なケース形状(SBGR251)


ステンレスケースの
ゴツっとした造形も特徴の一つです。


GSのダイバーズに近い形で
タフで堂々とした雰囲気。
しかも、ねじロック式のリューズ。
見た目だけでなく、耐久性も高めです。

  • 防水性:20気圧(GSの多くは10気圧)
  • 耐磁性:16,000A/m(GSの多くは4,800A/m)



日常使用では十分すぎるハイスペックさ。
実用時計としてガツガツ使っていけます。

SBGP015のサイズ感と重さ

sbgp015装着
手首周り16cmの筆者が装着


  • 直径:40.0mm(リューズ含まず)
  • 厚さ:12.4mm
  • 重量:167g


初めてSBGP015を装着したとき、
「ちょっと重いな」というのが正直な感想です


これまでレビューしたGSの多くは
150g以下ということもあり、
今回はやや重めな印象でした。
クオーツ時計に軽さを求めている人には
向かないかもしれません。


ただし
本格ダイバーズほど重くないし、
個人的には数日で慣れたので
そこまで心配するほどでは無いかと。


手首にフィットするようにケースがアーチ状に
なっているので着け心地は良いです。

SBGP015の精度

sbgp015文字盤


SBGP015のムーブメントは9F85が載ってます。
わりと最近のムーブメントですが
とくに特別なものでなく、
通常のモデルにも搭載されています。


精度は年差±10秒で
今回の1ヶ月間の使用では0~+1秒/月でした。
さすがGSって感じです。

SBGP015の仕上げ&外観

裏蓋

sbgp015-裏蓋



裏蓋には限定品らしく、このような表記があります。

  • 60th Anniversary 1960-2020 Limited Edition
  • シリアルナンバー No.○○○○/2000



限定2000本のうちの何本目かが
シリアルナンバーでわかります。

針やインデックスの作り

sbgp015針とインデックス


通常モデルと同様に
ケースのザラツ研磨や
針やインデックスの多面カットなど
きっちりGSクオリティーに仕上がっています。


SBGP015のコスパ

  • 定価440,000円(税込)
  • 中古336,000円~(2021年7月末時点)


60周年記念モデルの6種類の中では
もっとも手頃なんですが
3針クオーツと考えると40万円超えは高い^^;


一方で
1年落ちを33万円台なら結構お得に感じます。
予算30万くらいで
特別なGSを入手できるなら
有力な選択肢になりそうですね。

SBGP015レビューまとめ

SBGP015の特徴はこの3つ。

  • GS伝統色の「紺色」
  • セラミック製ベゼル
  • 角ばった堅牢なケース


本ブログの評価はこんな感じです。
「濃厚な特別感が味わえる手頃な1本」
「中古だと更にコスパ良し」


実物を見ると
欲しくなるのでご注意ください 笑