szsb013とグランドセイコー
(左)3万円のセイコーウォッチ (右)20万円台のグランドセイコー


シンプルで高級感がある
コスパ抜群な時計ってない?


プアマンズグランドセイコーと呼ばれている
時計はいかがでしょうか。
コスパ良く上質な時計をお探しの方にオススメです。


さらに今回は
究極のプアマンズグランドセイコーについても考察しています。
今後の時計選びにお役立ていただければと思います。


プアマンズグランドセイコーって何?

グランドセイコーとセイコー5



プアマンズグランドセイコーってどんな時計?


明確な定義はありませんが、
グランドセイコーのようなデザインながら
安く買えるセイコーウォッチを指します。



具体的にはこの条件を満たすものが多いです。

  • 数万円台で買える事
  • 機械式腕時計である事(が多い)
  • シンプルな王道3針モデル



愛好家の中ではプアマンズグランドセイコーや
ベイビーグランドセイコーなどと呼ばれ
世界中で愛されています。


筆者もその愛好家の端くれであり、
様々なグランドセイコーをレビューしてきた知見も交えて
代表モデルを3つ紹介していきます。



初代プアマンズGS:SARB035/033

SARB033とSARBS035
(左)SARB035 (右)SARB033


SARB035は初代プアマンズGSと言われている名機です。
2008年発売で定価45,000円ながら、

・サファイアガラス風防を使用
・6R15ムーブメントを搭載

sarb035革ベルト
SARB035:純正ブレスの質感はやや劣るので革ベルトに交換



2017年に筆者が購入した時は実勢価格が3万円程度と
鬼のようなコスパで大人気だった機種です。


廃盤後は7万~10万円と高値で推移。
似たスペックの「セイコー プレザージュ」と同じような価格で、
適正価格に落ち着いたとも言えるでしょう。


ちなみに、
セイコーの機械式ムーブメントはざっくりこんな序列です。
7S系→4R系→6R→8L系→9S系


SARB033には中堅6R15が載っていて
今は定価10万円台のプレザージュでよく見かけます。
詳しくはこちらで徹底解説しています。
>>セイコームーブメント比較!7S26・7S36・4R36・6R15の違いは?

もはやGS:SARX035/033

SARX033-SARX035
(左)SARX033 (右)SARX035



2016年発売のセイコープレザージュSARX035には
ケースにザラツ研磨が施されていて
グランドセイコーと共通の技術が用いられています。


SARX035-ケース
SARX035ケース:ザラツ研磨により鋭い稜線と美しい平面が特徴的



これによって
恐ろしく平滑で歪みが少ない鏡面仕上げが可能となります。
40mm径で存在感もあり、
筆者の経験では、
周囲から本家グランドセイコーと見間違われることも度々。

SARX035-装着
SARX035を革ベルトにカスタム


サファイアガラス風防、6R15ムーブ搭載、上質な純正ブレス等
魅力的なポイントがてんこ盛りなのに
かつては7万円で買うことができました。

SARX035-ステンレスブレス
SARX035純正ブレス:緻密な仕上げでつけ心地も良好



廃盤後は10万~15万円と高騰中(2021年時点)。
ポテンシャル的には10万円台が妥当なんでしょうが、
あまり高くなるとGSクオーツが射程圏内に入ってきますね。


チタンモデルの名作:SARX057

sarx057
出典:https://www.seikowatches.com/jp-ja



SARX035が10万円を超えてくると、SARX057が魅力的に感じます。
軽くて耐食性に優れたチタンモデル。
しかも、加工が難しいチタンをザラツ研磨してるあたり、
GSに通じるものがあります。


とりあえず
6R15ムーブメント搭載、サファイアガラス風防など
一定レベルを満たした「良いもの感」が漂う一本。


定価14万円台ですが、
タイミングが良ければアマゾンで5〜7万円台で販売している時期もあり、
かなりのコスパと言えます(直近だと2021年10月、2022年1月の一時期)。



今ならこれ:SZSB011/012/013

szsb011-012-013
(左)SZSB011 (中央) SZSB012 (右)SZSB013



いま、手頃に買えるプアマンズグランドセイコーはSZSB系になります。
ミネラルガラス風防に4R35ムーブメントと価格相応のスペックで
コスパ抜群とまでは言えませんが、
歴代のプアマンズGSと同様に
上品な雰囲気が感じられます。

szsb013とグランドセイコー
(左)SZSB013 (右)グランドセイコー SBGX065


本家GSと並べて見てもパッと見そっくり。
3万円台で選べる時計が少なくなった現在、
SZSB系は強力な選択肢になるでしょう(2021年11月時点)。


究極のプアマンズGSとは?

セイコースタイル インデックス


本家GSには
伝統的なデザイン理念「セイコースタイル」の表現や
究極の精度を求めたムーブメントが搭載されており、
多くの職人ワザが結集しています。


よって、
数万円の時計にGSの要素を入れるのは
高いハードルと言えます。


ただ筆者的には
GSの要素を程よく取り入れながらも
数万円台に抑えた時計こそ究極のプアマンズGSだと考えます。

sarx035とsbgt237
(左)SARX035 (右)グランドセイコーSBGT237


この条件を満たすのは
7万円台で売っていた頃のSARX035や
ザラツ研磨が施されていると噂のSARX045くらいでしょうか。


他には、
6R15搭載かつサファイアガラス風防のモデルが
5万円前後ならコスパ良しと言えるでしょう。
(2021年11月時点では該当なし)



反則ワザ?カスタムでGS風に

snke01カスタム
GSクオーツGMTモデルを再現


現在、カスタムの力で
本家の再現性を高めたプアマンズGSを
生み出せないか計画中です。


興味本位な取り組みなので
ぼちぼちアップしていきます。

srpd59-modカスタム
GSダイバーズを再現:象徴的なGS針



究極のプアマンズGSとは?まとめ

結論、GSの要素を取り入れた数万円台の時計が究極



そのような時計は良質で満足度が高く
長く使っていける相棒になるでしょう。