セイコー5 snk623-4
セイコー5 SNK623


このブログで様々なセイコー5を紹介してきましたが
SNK623はマニア心をくすぐるような「クセ」が魅力的。

  • フルスペルの曜日表示
  • 文字盤デザイン
  • 本体とブレスバンドの一体感


明らかに他のセイコー5とは
差別化されたデザイン。
こだわり派の時計ファンに支持される1本だと考えています。


ちなみに
クセ少なめで多くの人にオススメできるセイコー5は
こちらの記事で紹介しています。

SNK803とSNZH55最強説!セイコー5マニア 激推しの理由



今回はSNK623の
「良いところ」「気になるところ」「カスタム」の
3本立てでマニアレビューしていきます。


SNK623の概要

カラー:SNK621はグレー SNK623は黒

snk621-snk623
左:SNK621  右:SNK623 (参考 https://www.amazon.co.jp/)


カラーは2色あります。
「シブいグレーのSNK621」と「シックなブラックのSNK623」
今回の記事は筆者が所有しているSNK623を中心に書いています。

サイズと重さ

  • ケース直径:38mm
  • ケース厚:11mm
  • バンド幅:18mm(ラグ幅は10mm)
  • 重量:約120g


直径が38mmとセイコー5らしい落ち着いたサイズ感で、
細い腕の人にもオススメです。
ボリュームが欲しい人には、
少し物足りなさを感じるかもしれません。


悪目立ちすることなく、
ビジネスやプライベート様々なシーンで
使いやすい1本かと思います。

ムーブメントのスペック

セイコー5ムーブメント7s26
7S26:SNK621, SNK623搭載ムーブメント
  • 自動巻(手巻なし)
  • 日差:+45~-35秒
  • パワーリザーブ:最大41時間


SNK623に搭載されているムーブメントは7S26。
セイコーの機械式ムーブメントの中では
ベーシックモデルですが
耐久性、精度、デイデイト表示など
実用性バツグンの作り込みになっています。


ムーブメントについて
さらに詳しく知りたい方はこちらの記事で徹底解説しています。

セイコームーブメント比較!7S26・7S36・4R36・6R15の違いは?



SNK623のレビュー:良いところ

  • フルスペルの曜日表示
  • 文字盤デザイン
  • 本体とベルトの一体感
  • 価格


筆者が考えるSNK623のグッドポイントは
以上の4つです。順番に見ていきましょう。

曜日表示

snk623ムーブメント
SNK621, SNK623の曜日表示


SNK623の一番の特徴がフルスペルのデイ(曜日)表示です。
ふつうのセイコー5は英語3文字なので、
ユニークな作りといえるでしょう。

ムーブメントの写真
一般的なセイコー5の曜日表示


SNK623の曜日は英語オンリーで
他のセイコー5は2言語表記になっています。
アラビア語やスペイン語が好みなら
SNK623は英語だけなのでご注意を。

文字盤デザイン

セイコー5 snk623-2


黒文字盤にシルバーのインデックスなので視認性はグッド。
ドルフィン針も相性が良くシャープな雰囲気です。


「12」「6」「9」のインデックスと
バー型のインデックスの組み合わせが
何となくロレックスのエクスプローラーに似ている気が。。。

本体とベルトの一体感

セイコー5 snk623-1


SNK623は全体的に丸みを帯びた
一体感があるデザインが特徴的です。


弓かんを使わずに
ベルトを直接本体に取り付けていたり
ラグをスリムにシェイプする事で
美しいラインに仕上がっています。

価格

SNK623はセイコー5の中でも安い方で
1万円以下で入手可能です(2020年12月時点)

他にはない一味ちがったデザインで
この価格なら十分にコスパ良しと言えるでしょう。


SNK623のレビュー:気になるところ

snke01シースルーバック
SNKE01のラグ:SNK623のラグも似た形状


SNK623の最大の弱点は
ベルト交換が難しいという事。
弓かんが無いので
本体ケースのラグが純正ブレスバンドの形状に合うように
作られています。


SNKE01というセイコー5も同じような
作りになっていて
もし、ベルト交換をする場合は
汎用ベルトの幅までラグを削るか
純正ブレスと同じ形状のバンドを探す必要があるでしょう。

セイコー5 snk623-4


純正のブレスバンドのみを使う場合は
何ら問題なしです。
程よい厚みで丁寧に磨かれたメタルは質感が高く、
同価格帯のセイコー5と比べて優秀な出来と言えるでしょう。


他の時計ならベルト交換をしたくなるのですが
SNK623の場合はイジらずに
このフォルムを活かすのが正解かもしれません。

SNK623のレビュー:カスタム 

snk623カスタム
SNK623:ベンツ針カスタム


SNK623はフルスペルの曜日表示や
文字盤のインデックスなど
ロレックス系の要素を感じとり
メルセデス針にカスタムしてみました。


シルバー一色でも良さそうですが
エアキング風にグリーンの秒針をアクセントにしています。
マジメ過ぎず派手過ぎず
いろんな場面で使える一本かと思います。


SNK623のレビュー:まとめ

SNK623のひとクセある魅力ポイントはこちら。

  • フルスペルの曜日表示
  • 文字盤デザイン
  • 本体とベルトの一体感
  • コスパ


ベルト交換は難しいですが
SNK623の場合は純正ブレス一択と思えるほどの
まとまり感があります。

予算1万円以下で時計をお探しの方は
選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。