パワーリザーブ針
スプリングドライブ:72時間パワーリザーブ針


スプリングドライブといえば
グランドセイコーの中でも上位機種。
高額な時計なだけに
一生使えるのか気になる人も多いかと思います。


ネット上では
スプリングドライブの寿命の有無について
意見が分かれていますが、
やや情報不足な印象もあります。


実際に9年モノのスプリングドライブを使用した経験と
グランドセイコーへのヒヤリングから
至った結論は

「寿命あり」です。



では、
どの程度使えるか、
総額でいくら費用がかかるのか、
マニアブログならではの切り口で徹底考察していきます。


ボリュームたっぷりの記事ですが、
スプリングドライブを検討している人は
必見の内容となっています。
途中、マニアックなところは読み飛ばしOK
最後に結論をまとめていますので。

スプリングドライブの概要

9r65-GS透し模様
スプリングドライブ9R65ムーブメント:裏蓋には紋章の透かし柄



スプリングドライブの寿命を考える前に
仕組みやオーバーホールの必要性を
少し知っておく必要があります。


スプリングドライブの仕組み

sarx035とsbgt237
左:メカニカルウォッチ 右:クオーツウォッチ


スプリングドライブの仕組みをざっくり言えば
機械式とクオーツ式の良いとこ取りしたもの。
ゼンマイの力で発電し、
クオーツ式の制御により高精度を実現しています。


細かい説明は
この記事の趣旨から外れるので割愛します。

オーバーホールの必要性と頻度

9r65山脈デザイン
9R65のデザイン:地板と歯車を山脈に見立てて配置


アナログ時計の場合、
クオーツ式や機械式でも歯車を使っています。
長年放置すると
オイル切れや劣化が進んで時計に悪影響が出ます。


グランドセイコーによると
3針のスプリングドライブでも200以上のパーツが使用されおり、
3~4年毎のオーバーホールが望ましいとのこと。


オーバーホールの依頼先

オーバーホール


スプリングドライブの場合、
オーバーホールはメーカー依頼が基本になります。


一般的な機械式やクオーツ式であれば、修理店でも受け付けていますが
スプリングドライブの場合はICとメカニカルの構成なので
引き取ってもらえても、
お店からメーカー送りになるでしょう。

スプリングドライブを一生使うには

スプリングドライブ
スプリングドライブ:マスターショップ限定 SBGA073



一般店で修理対応できない以上、
スプリングドライブを一生使うには
GSのメンテナンス体制次第といえます。
グランドセイコーのHPによると下記の通り。

  • 補修用性能部品の保有期間は10年が基準
  • 長期間の修理対応ができるように体制を整えている



順番に解説していきます。

補修用性能部品の保有期間は10年が基準

「保有期間は10年」と見ると
購入してから10年だけ?
と思うかもしれませんが、そうではありません。


ムーブメントが生産終了になってから
10年というのが正しい解釈です。


長期間の修理対応ができるように体制を整えている

GSのホームページには
「長期間の修理対応ができるように体制を整えています」
と記載されています。


内容についてGSに確認したところ、
10年間の保有期間後も部品を処分することなく、修理を受け付けるとのこと。
但し、パーツ在庫がなくなれば
修理が困難と回答がありました。


結局、修理対応できる期間については
GSですらはっきりしない様子。
一生使いを考えているユーザーにとって
不安に感じると思います。

GSでの修理対応期間が終了したら

搭載ムーブメントの生産終了から10年経過後、
修理可否は補修用パーツの在庫に委ねられます。
在庫がなければ
その時点で修理は不可能に。


ただし、パーツ交換の必要がない
単なるオーバーホールなら
対応してもらえる可能性は高いでしょう。

どうしても直して使い続けたい場合

グランドセイコームーブメント
GSメカニカルモデル:9S65


ここは筆者の推測なので
あくまで参考程度と考えてください。


GSで修理不可になった場合、
どこがダメになったのか確認しておきましょう
スプリングドライブは
機械式とクオーツ式の二面性を持っています。
どちらが故障しているかで対応は変わってきます。

機械式部分の修理

スプリングドライブの機械式部分は
主に、ゼンマイの巻き上げ機構と輪列。
これらのパーツなら修理店で復元できる可能性があります。


但し、純正のパーツ類は
GSで最適化されているものなので
完全修復は難しいかもしれません。


動力の伝達ロスの抑制、
調速機構との兼ね合いを加味した作りなど
いろんなハードルが想定されます。

クオーツ部分の修理

クオーツやIC部分(調速機構)の故障は
諦めるしかないと考えられます。

スプリングドライブの調速機構は
「TRI-SYNCHRO-REGULATOR(トライシンクロレギュレーター)」と
名付けられており、簡単にいうと
これら3要素を複雑に制御しています。

  • ゼンマイによる動力
  • 電磁ブレーキによる発電
  • 水晶振動子による電気信号


ICはグランドセイコーに在庫がなければ
どうにもならないでしょう。


ジャンク品でトライシンクロレギュレーターを入手して
載せ替えれば・・・
理論的には大丈夫そうですが
ちゃんと動作するのかは未知数です。

スプリングドライブの寿命を考察

sbga073-sbgr251
左:スプリングドライブ(SBGA073)、右:メカニカル(SBGR251)

スプリングドライブの寿命の定義

「寿命」というのも曖昧なので
今回は2通りの定義をして考えていきます。

  • スペック通りの精度を維持できる耐用年数
  • 日常生活で問題ない精度を維持できる耐用年数


スペック精度の耐用年数は?

トライシンクロレギュレーター
9R65:同価格帯ライバルとは一線を画した仕上げの完成度


ここでは
スプリングドライブの最もスタンダードな
ムーブメントである9R65を前提とします。
基本的に9R系の精度は月差±15秒です(一部例外あり)。


これを維持するには
GSでの定期的なオーバーホールが必要です。


前述した通り
メーカーのパーツ保有期間は
「搭載ムーブメント生産終了後の10年間+α」となります。
もし仮に、2030年に廃盤になった場合、
パーツ保有期間の目安は2040年まで。


筆者の手元に2012年モデルの9R65がありますが、
この場合、2012年~2040年の28年間は
修理対応が可能と言えるでしょう。

9R65はいつ廃盤になるか

9R65コートドジュネーブ
コートドジュネーブ仕上げ:キレイな細かい筋目


問題は、9R65の廃盤時期です。
今のところ情報はありませんが、
筆者の想像では
少なくとも2030年くらいまでは現役かなと考えています。


その理由はこの2点

  • 当分は現行の9R6系で十分(だと感じる)
  • ムーブメントの製品ライフサイクル


順番に書いていきます。

理由1.当分は現行の9R6系で十分

セイコーウオッチの元副社長 梅本氏の著書や
グランドセイコーの直近の動向を見る限り、
GSは100万円以上のクラスにも注力していく事が予想され、
スプリングドライブの開発面においては最新型9RA5の
派生機種(GMT、クロノグラフ等)を優先していくと思われます。


また、60万円前後の通常のスプリングドライブ(9R65)については、
業界トレンドであるパワーリザーブ72時間を既にクリアしている事や
独創的な機構により、ある意味ライバル不在なので
新ムーブメントの早期開発の可能性は低いと考えています。

理由2.ムーブメントの製品ライフサイクル

一般的に高級時計ムーブメントの
製品ライフサイクルは長く
短いもので10年程度で廃盤、
長いものだと50年近く現役のものもあります。


例えば、現行のグランドセイコーで
ロングセラーなのはクオーツの9F83です。
1993年発売なので、そろそろ30年。


一方で9R65は2004年リリースなので
2030年以降も現役というのは十分あり得ると思います。

スペック精度を維持できる耐用年数:小まとめ

2040年代まではメーカー修理可能で精度を維持できると推測


日常精度の耐用年数は?

gs-sbga073
2012年モデル(写真は2021年4月時点の様子)


では、2040年代以降に
GSでのメンテが受けられない場合、
その先いつまで使えるのでしょうか。

9年モノのスプリングドライブの状況

ごく一例ですが
筆者の手元にある9年モノのスプリングドライブをもとに考えてみます。


この時計、
オーバーホールの記録が残されておらず
いろんな事情を勘案すると
これまでノーメンテか
約5年前に一度実施している程度かと推測されます。


現状の精度は+130秒/月(本来は±15秒/月)。
ケースには打跡や傷も多数あり、
実用時計として使い込まれてきたのでしょう。

スプリングドライブの不具合

9年の使用でかなり精度は落ちていますが
機械式腕時計の精度くらいは維持し、
日常使用でも問題ありません。


ただし、
既にスプリングドライブとしての精度は失われており、
この先も日常使用できる保証はありません。


予想される不具合はこの2点

  • 基準信号とのシンクロがうまくいってない
  • 重量加速度の検知機能の不調



どちらにせよ
+130秒/月と進む方にズレているので
調速機構(=IC部分)由来の不具合と考えられます。


ちなみに、
メカニカル面の不具合は特に感じません。
オイル切れの懸念はありますが、
ゼンマイの巻上げ、リューズ操作、パワーリザーブ表示など、
機械式部分は問題なさそうです。

日常生活で問題ない精度を維持できる期間:小まとめ

メンテナンスなしだと5~10年が目安か(今回の場合)


スプリングドライブの維持費用

スプリングドライブ-sbga073


購入費と維持費のトータルコストを考えていきます。
下記の条件を前提とします。

  • 新品9R65モデル:約60万円
  • オーバーホール(税込・送料別):57,200円/回

(注:OH費用は税込・送料別, 2021年時点)


状況にもよりますが
筆者なら下記のようにメンテ計画を立てます。


2021年:購入
2024年:1回目OH
2029年:2回目OH
2034年:3回目OH
2039年:4回目OH
2044年:5回目OH(以降 OH不可と想定)


オーバーホールは3〜4年毎が推奨されていますが、
スプリングドライブの調速機構は非接触式ということもあり
5年毎としています。


ただし、最初の数年は
各パーツが馴染む時期で摩耗粉が出やすいので
初回は3年でOHするとします。
以上より合計5回のオーバーホールで約29万円と算出されました。


結論、

「購入費+約30年間の維持費」で総額89万円と試算



ちなみにオーバーホールは
GSコンプリートサービスの利用を想定しています。
高額に感じますが、
駆動パーツの交換費用や外装研磨も含まれた価格です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。
>>>グランドセイコー9S65ムーブメントの評価&レビュー

スプリングドライブ寿命まとめ

本ブログでは
スプリングドライブの寿命論について
下記の想定のもと、
2021年に購入した場合は約30年程度は日常使用できると予想しています。

  • 9R65が2030年代で廃盤
  • 2040年代まではGSでの修理可能
  • ノーメンテで5~10年程度は日常使用可能