sbga031-スプリングドライブ
グランドセイコーダイバーズ:SBGA031


ダイバーズウォッチといえば
ロレックスのサブマリーナー
オメガのシーマスターとか
いろいろあるけど
グランドセイコーを選ぶ理由は何?


こんな疑問に対して
GSマニアの考えはこの3つ。

  • 理由1. 精度の高さ
  • 理由2. 防水技術への信頼性
  • 理由3. 仕上げの美しさ



これらが全て高い次元で備わっているところに
GSを選ぶ理由があると考えています。


今回は
グランドセイコーの代表的なダイバーズ「SBGA031(現 SBGA231)」を
カリトケから借りて、実機レビューも交えて徹底解説していきます。


ダイバーズウォッチとは?

sbga031ダイバーズ


ダイバーズウォッチとは
スキューバダイビングや
深海での潜水作業で安心して使えるように
きびしい基準をクリアした時計のことです。



潜水レベルによってこの2つに分かれます。

  • 空気潜水用:100~200m
  • 飽和潜水用:300m~



ダイバーズウォッチを名乗るには
JIS, ISO規格やそれに準じた自社基準で定めた特性を
クリアする必要があります。

  • 判読性
  • 耐磁性
  • 耐衝撃性
  • 耐塩水性
  • 水中作動性
  • 耐外力性
  • 耐熱衝撃性
  • 加圧防水性及び強度
  • 耐浸せき性
  • 耐ヘリウムガス性(飽和潜水用途のみ)


これらは各ブランドの
技術や特徴が垣間見えるポイントでもあります。


ちなみに
カジュアル時計のような
ダイバーズ風の◯◯気圧(bar)防水時計といったものは
多少の防水性はあっても、
潜水には使えないと考えた方が良いでしょう。



グランドセイコー ダイバーズの概要

グランドセイコーのホームページに載ってるダイバーズウォッチは
全部で5つです(2021年9月時点)

sbgx335sbgx337sbga229sbga231sbgh255
SBGX335SBGX337SBGA229SBGA231SBGH255
200m
空気潜水
200m
空気潜水
200m
空気潜水
200m
空気潜水
600m
飽和潜水
クオーツクオーツスプリング
ドライブ
スプリング
ドライブ
メカニカル



GSに限らず、セイコーでは
裏蓋に下記のようなダイバーズウォッチの証が表記されています。


空気潜水なら「Air Diver’s ◯m」
飽和潜水なら「He-gas Diver’s ◯m」


さらに、セイコーの飽和潜水時計には
文字盤に「PROFESSIONAL」の表記があって
空気潜水と差別化されています。

GSダイバーズを選ぶ理由1:精度の高さ

9r65-GS透し模様
一部のGSダイバーズに搭載:9R65ムーブメント(スプリングドライブ)


潜水現場では
ムーブメントへの信頼性が一段と求められます。


グランドセイコーには3種類のムーブメントがあって
それぞれが極めて高い水準にあります。

  • クオーツ:±10秒/年
  • メカニカル:+5秒/日~-3秒/日
  • スプリングドライブ:±15秒/日



ちなみに筆者も
これまで新旧さまざまなGSを実用レビューしてきましたが
ほとんどが公称の携帯精度通りで、
まともなメンテを受けずに荒く使われてきたGSでさえ
実用精度を保っていたくらいです。


GSダイバーズは過酷な潜水業務でも
スペックを十分に発揮できるように
優れた外装技術が用いられています。


 GSダイバーズを選ぶ理由2:防水技術への信頼性

ブレスバンド アジャスター
ウェットスーツの上からでもバンド調整可能なアジャスター付き


セイコーは1965年に国産初の
ダイバーズウォッチをリリースして以来、
世界中の潜水現場や探索などで広く使われてきました。

  • JAMSTEC(海洋研究開発機構)
  • PADI(世界的ダイビング教育機関)
  • フランス コメックス(世界的潜水会社)
  • 海上自衛隊
  • 米国海軍
  • 南極観測越冬隊
  • 著名冒険家
  • など


セイコーが培ってきた技術が
GSのダイバーズにも用いられている事から
信頼性は非常に高いと言えるでしょう。


GSダイバーズを選ぶ理由3:仕上げの美しさ

sbga031インデックス
インデックス:緻密な仕上げ


グランドセイコーといえば
細部の美しい仕上げも得意分野。
GSダイバーズは
繊細さと無骨さを併せ持ったデザインが魅力的です


もし、実物を見る機会があれば
この3つの仕上げに注目するのがオススメです。

  • インデックス
  • ケース


 順番に見ていきましょう。

インデックス

ポイントは
・インデックスの美しい面取り
・白い蛍光塗料の緻密さ


高級機の気品と高い視認性を
兼ね備えているところにGSらしさを感じます。

時針・分針・秒針

ポイントは
・GSダイバーズの象徴的な時針
・セイコーダイバーズの伝統的な形状の針


太く堂々とした針はセイコーの「サードダイバー」に似ていますが
GS版は重厚な存在感と高い視認性が確保されています。
細部の仕上げも素晴らしく、
グランドセイコーにふさわしい針と言えるでしょう。

ケース

ポイントは
・くっきりとした稜線


グランドセイコーの研磨は数十工程ありますが
中でもザラツ研磨という下地処理技術が有名です。
これによってGSらしい角がくっきりした稜線と
歪みが少ないケースに作り上げられます。


GSダイバーズ評価&レビュー

腕回り16cmの筆者が着用(SBGA031の重量は約137g)


実際にGSの初代ダイバーズ「SBGA031(現SBGA231)」を
使ってきた率直な感想こちら。

  • ブライトチタンの軽量感
  • 所有欲をみたす満足感
  • 実用性重視ならプロスペックス


ブライトチタンの軽量感

sbga031-空気潜水200m
ブライトチタン製:裏蓋には「空気潜水200m防水」の表記


本格ダイバーズなので重そうに見えますが
想像以上に軽く感じます。


ブライトチタンを使うことで
スタンダードなGSメカニカルと同じような重量になっています。
加工が難しいチタン合金でも妥協なく仕上げられています。

所有欲をみたす満足感

sbga031蛍光塗料
緻密に塗られた蛍光塗料(ルミブライト)


高級時計の繊細な仕上げとプロツール感が
満足感に直結します。


耐衝撃性に優れた堅牢なケースや
ウェットスーツの上からでもバンド調整できるアジャスター付きバンドなど
セイコーダイバーズの機能がしっかり引き継がれています。
繊細さとプロ仕様を兼ね備えたタフなGSです。

実用性重視ならプロスペックス

プロスペックス
セイコーダイバーズ:プロスペックス(引用:https://www.seikowatches.com/jp-ja)


GSのダイバーズはやはり高額になるので
価格や実用性のバランスを考えると
王道のプロスペックスも強力な選択肢になります。


モデルによっては
上位ムーブメントが搭載されていたり
GSと共通の仕上げ技術が使われているなど、
こちらも魅力が多いダイバーズです。

GSダイバーズを選ぶ理由:まとめ

sbga031-スプリングドライブ


GSダイバーズを選ぶ理由をまとめると3つ。

  • 理由1. 精度の高さ
  • 理由2. 防水技術への信頼性
  • 理由3. 仕上げの美しさ


GSダイバーズは
長年のセイコーの防水技術と
GSクオリティーが融合した時計と言えるでしょう。
全方位でハイレベルなダイバーズを探している人におすすめです。