セイコー5-黒サブパーツ


某社のサブマリーナーは国内外問わず超定番のダイバーズの1つ。
非常に人気で在庫確保がままならないと
知り合いの正規店関係者もボヤいています。


値段的にも在庫的にも
なかなか入手できない人が多いのではないでしょうか。


そこで今回はこの超人気&超王道ダイバーズをモチーフに
セイコー5のカスタムウォッチ8つを紹介します。


2~6万円くらいの予算があれば
自分好みのパーツを自由に組み合わせて
オリジナルダイバーズに仕上げることができるので
ぜひ参考にしてみてくださいね!


セイコー5のサブマリーナー カスタムとは

この記事で紹介するサブマリーナーカスタムは
セイコー5という機械式時計をベースに
専用のパーツを取り付けるカスタムになります。
まず最初に使用するベースウォッチとパーツについて説明していきます。

ベースウォッチについて

筆者がサブマリーナカスタムで使う主なベースの時計はこちらの2種類です。
カッコ内は色違いの同型機種です。

  • セイコー5スポーツ SNZF17(SNZF15)
  • セイコー5スポーツ SNZH55(SNZH53, SNZH57)


これらは本家に近い外観であることと
パーツのバリエーションがそこそこ多いので
カスタムの完成度を上げやすくなっています。


特にSNZF17はリューズガード付きで
文字盤の雰囲気もサブマリーナに近いので
このカスタムによく使う時計です。


その他に少し値段は上がりますが
この2種類の時計を使うことも多々あります。

  • セイコー SKX007(SKX009)
  • セイコー5 SRPDシリーズ(SBSAシリーズ)


これらはリューズの位置が4時方向にあるので
再現性を高めたい人には向かないかもしれません。
しかし純正文字盤のデザイン性、堅牢なケースなど
SNZF17やSNZH55にはない魅力もあるので
好みで選ぶといいでしょう。

サブマリーナーパーツについて

サブマリーナカスタムで使用する主なパーツはこの3つです。

  • ベゼルインサート
  • ベンツ針
  • 文字盤


ベゼルインサートやベンツ針は
本家のデザインにかなり近く作られているので
この2つを取り付けるだけで、満足度は相当あがるはずです。


文字盤はセイコー5の純正と社外品を
好みに合わせて使い分けることが多いです。

セイコー5 SNZF17:サブマリーナ カスタム

サブマリーナーカスタムにおいては
筆者的にSNZF17がオススメです。
ケースの形状や文字盤の作りが本家に近いため、
カスタム費用をあまりかけずに完成度を上げられるからです。
5つのカスタム例を見ていきましょう!

SNZF17カスタム1:黒サブ

SNZF17-黒サブカスタム


王道の黒サブスタイルのカスタムウォッチです。
本家の現行型はセラミック製のベゼルインサートや
サファイアガラスを使用していますが
この黒サブカスタムも素材に妥協することなく作っています。

セラミック製のベゼルインサート
サファイアガラスBlue Ar風防ダブルドーム型
定番のシルバーベンツ針を装着することで、完成度を最大限に高めました。

SNZF17カスタム2:黒サブ+針

SNZF17-黒サブ赤針


基本的には1つ目に紹介した黒サブカスタムと同じですが
秒針はレッドにしました。
赤が程よいアクセントになっており
カジュアル感がプラスされました。
横から見るとサファイアガラス風防のドーム感がよくわかると思います。
これはドーム型風防の特徴でもあり、この特有の雰囲気が人気となっています。

SNZF17カスタム3:黒サブ+針

SNZF17-黒サブ-イナズマ針


このカスタムは簡易的なもので、針とベルトだけ変えています。
黒のベンツ針に某モデルの象徴でもあるイナズマ型の秒針を使用しており、
カスタムウォッチならではのコラボです。
他にも色々な針を組み合わせて自由にカスタムすることができるので、
いろいろと想像してみると面白いです。

SNZF17カスタム4:黒サブ+文字盤

SNZF17-黒サブ


こちらは社外品の文字盤とトップが赤く塗装された
セラミック製のベゼルインサートを使用したものになります。
純正文字盤の「SEIKO」や「5」のロゴが不要な人にはオススメの文字盤です。ベゼルインサートと文字盤の赤いアクセントカラーが
カッコよく決まっています。
サファイアガラスの風防により全体的に艶やかで
高級感がある時計に仕上がっています。

SNZF17カスタム5:緑サブ

SNZF17-緑サブカスタム


鮮やかな緑色のベゼルインサートが特徴的です。
アルミ製ならではの光沢感を含む緑色が全体の雰囲気と良く調和していて
グリーンサブが好きな人にオススメの1本です。
内側は純正文字盤とシルバーベンツ針でシンプルにまとめ
派手すぎずバランスのとれた時計に仕上げました。
ちなみに風防は純正のミネラルガラスです。


セイコー5 SNZH55:サブマリーナ カスタム

シンプルに完成度だけを求めるならベースウォッチはSNZF17が最適ですが、
筆者的にはSNZH55のビンテージ感ある純正ドーム風防も好きなので
よくカスタムします。2つのカスタム例を紹介していきます。

SNZH55カスタム1:青サブ

SNZH55青サブカスタム


青いアルミ製のベゼルインサートが特徴的です。
文字盤はSNZF17から移植して、
シルバーのベンツ針と組み合わせました。
純正風防は他のベースウォッチには無いシングルドームのふっくらとした優しい雰囲気が魅力的です。

SNZH55カスタム2:黒サブ

SNZH55黒サブカスタム


純正のシングルドーム風防を活かしてビンテージスタイルにまとめた1本です。
社外文字盤と赤い塗装が入ったベゼルインサートを使用し
ブラック×グレーのNATOベルトをつけてボンドスタイルに仕上げました。

今のボンドウォッチはオメガというイメージですが
初代ボンドのショーンコネリーは
NATOベルト付きのサブマリーナーをセンス良く着こなしていました。
そんなエピソードもあり、ブラック×グレーのNATOベルトを
ボンド仕様などと言われることもあります。

セイコー5 その他:サブマリーナ カスタム

サブマリーナーカスタムではSKX007を使ったり
その他のセイコー5も使えるので少しだけ紹介していきます。

SRPB93 カスタム:緑サブ

srpb93緑サブカスタム


ちょっと珍しいセイコー5を使った時計です。
SRPB93はもともと完成度が高く、針を付け替えただけで、
最大限に純正の良さを残しました。


文字盤のインデックスやベンツ針のローズゴールド色が
グリーンカラーと良く合います。
さらに文字盤周りの白地の黒メモリのチャプターリング風のデザインが
とても上品です。

SKX007カスタム:黒サブ+針

SKX007黒サブカスタム


最後はSKX007を使ったサブマリーナーカスタムです。
ベゼル、ベゼルインサート、針、風防をカスタムしていて文字盤のみ純正です。
コインエッジベゼルはコインのようにギザギザな形状が特徴で
高級時計によくあるデザインです。


セラミック製のベゼルインサートのインデックスには蛍光塗料が使われており、
手の込んだ作りになっています。
風防はサファイアガラスBlueArのダブルドーム型で、
ガラス周辺の角が面取りされたようなスロープが、特有の屈折と反射を生んでいます。


SKX007は全体的に堅牢な作りで
カスタムパーツも豊富なので非常に人気があります。


セイコー5 SNZF17:番外編カスタム

SNZF17:シーマスター風カスタム

SNZF17カスタム シーマスター

ダイバーズウォッチ界では
サブマリーナーと同じくシーマスターも大人気。
SNZF17に象徴的なアロー針や
三角インデックスの文字盤を使用して
雰囲気を再現しています。

SNZF17:FFFカスタム

seiko5-FFFカスタム


サブマリーナと共にダイバーズの歴史を築いてきた
フィフティファゾムスも
SNZF17で再現してみました。

SNZF17-FFFシルバーカスタム


セイコー5をフィフティファゾムス風にカスタムしたものは
「FFF」と呼ばれています。
多くの専用パーツがあって人気のカスタムです。
詳しくはこちらの記事でご紹介。
セイコーのフィフティファゾムスとは?FFFカスタムの基本を解説!

セイコー5 サブマリーナー カスタムまとめ

コスパ抜群のセイコー5で
入手困難なサブマリーナを再現してきました。
紹介したものは一部で、
アレンジ次第では更に面白いカスタムになる可能性を秘めています。


もし気になるカスタムがあれば
当ブログのお問い合わせフォームからどうぞ。