グランドセイコー sbgr251
GSらしい洗練された美しいデザイン



SBGR251を一言で表すなら

「グランドセイコーの王道モデル」




理由はこの3つです。

  • 伝統のデザイン理念を忠実に守っていること
  • GS復活の1998年から引き継がれているモデル
  • 9Sメカニカルであること




今回は
これらのポイントを深堀りしつつ
SBGR251の魅力と気になるところを
マニアレビューしていきます。



SBGR251の概要

グランドセイコーコレクション
各コレクション:左からヘリテージ、エレガンス、スポーツ、マスターピース(引用元:GS公式HP)


GSには主に4つのコレクションがあります。
SBGR251はヘリテージコレクションの1つで、
機械式ムーブメントが搭載されています。

カラー:SBGR251は銀 SBGR253は黒

sbgr251-sbgr253
左:SBGR251、右:SBGR253(引用元:GS公式HP)


2カラー展開となっていて、
SBGR251はシルバーダイヤル
SBGR253はブラックダイヤル
です。


サイズと重さ

SBGR251とビジネススーツ
腕回り16cmの筆者的に37mm径はジャストサイズ


  • ケース横:37mm
  • ケース厚:13.3mm
  • 腕回り長さ(最長):192mm
  • 重さ:140g



最近のGSでは40mm前後のモデルが増えているので
小ぶりな時計を探している人には貴重な選択肢です。
シンプルかつ37mm径ながら
どっしりとした存在感があります。



筆者の経験上、
他のヘリテージコレクションをつけているときよりも
周りの反応を感じます。

魅力1:伝統のデザイン理念による輝き

SBGR251の輝きの理由について

grandseiko sbgr251



GSには色んな時計がありますが、
特にSBGR251の輝きは強いです。



理由は
GSのデザイン理念「セイコースタイル」を
忠実に守ったからだと考えられます。



多くのグランドセイコーのデザインは
「セイコースタイル」をベースとし
各々のキャラに合わせてアレンジされています。



一方で、SBGR251は「セイコースタイル」を忠実に守り
GSが理想とした「燦然とした輝き」が最大化されていると感じます。
>>グランドセイコー 磨き抜かれたデザイン理念!魅力的な輝きの理由

SBGR251のディテール

セイコースタイル インデックス



セイコースタイルには
3つのポリシーと9つのデザイン要素が定められています。



3つのポリシーはこのような内容。

  1. 平面を主体として平面と二次曲面からなるデザイン。三次曲面は原則として採り入れない
  2. ケース・ダイヤル・針のすべてにわたって極力平面部の面積を多くする
  3. 各面は原則として鏡面とし、その鏡面からは極力歪みをなくす



SBGR251の場合、
特にポリシー3の鏡面について
他のモデルよりも意識的に行なっています。



インデックス・ダイヤルリング・針の仕上げを
部分的にツヤ消しにしたモデルもありますが
SBGR251は徹底的なポリッシュ仕上げです。



夜光塗料は不使用なので、
インデックスや針の全面から美しい光沢が魅力的です。


これら1つ1つは
ちょっとした違いに感じますが、
全体の印象に大きく関わります。

魅力2:GS復活時から継承されてきたモデル

SBGR251の系譜

多面カット針
多面カットの針もGSの伝統:薄暗くても浮かび上がるような輝き



グランドセイコーのメカニカルウオッチは
ざっくりこんな歴史です。

  • 1960年〜 :販売スタート
  • 1972年〜 :生産ストップ
  • 1998年〜 :復活(9Sメカニカル販売)




1998年に復活した
機械式モデルは「9S系」としてリリース。



この時に販売されたSBGR001は
GS王道のデザインを取り入れ
以降、20年以上にわたり引き継がれてきました。

  • SBGR001(1997年〜):9S55搭載
  • SBGR051(2010年〜):9S65搭載
  • SBGR251(2017年〜):新ロゴ変更



2010年に
9S65搭載に伴うモデルチェンジをしていますが
見た目はほとんど変わりません。



2017年は
GSのブランド戦略としてロゴの配置変更。
流行り廃れとは無縁のデザインを持つSBGR251は
完成型の1つと言えるでしょう。

魅力3:9Sメカニカルであること

グランドセイコームーブメント
9S65ムーブメント:コートドジュネーブ仕上げの輝き



GSといえば3つのムーブメントがあります。

  • クオーツ(9F系ムーブメント)
  • スプリングドライブ(9R系ムーブメント)
  • カニカル(9S系ムーブメント)



機械式腕時計が全盛期の時代に
輝かしい実績を残し続けてきたグランドセイコー。



現在でも
メカニカルはGSの中核を担うシリーズです。



SBGR251に搭載される9S65は
クロノメーター規格よりも厳しい基準である
GS規格(2A級)をクリアしています。

GS規格とクロノメーター



オーバーホールや9Sの魅力はこちらで解説。
グランドセイコー9S65ムーブメントの評価&レビュー

SBGR251の気になるところ

SBGR251生産終了で後継なし

残念ながらSBGR251は廃盤で
後継機種もリリースされていない状況です(2021年3月時点)。



40mm径のモデルが人気だったり
他にも魅力的なモデルが増えた等が
要因だと考えられます。



ニーズに合わせた決断と言えますが
メカ好き&細腕の筆者にとっては残念。



ちなみに、
手巻きモデルやクオーツモデルには
まだ37〜38mmサイズがラインナップされています。

SBGR251の厚いケース

ケースザラツ研磨



SBGR251はケースが少し分厚いです。



一般的に機械式腕時計は
パーツ数が多いのでクオーツ時計よりも厚くなりがち。



似たデザインのGSクオーツ「SBGT237」は
薄くて使用感も良好でしたが
SBGR251はわずかにシャツの袖口との干渉を感じます



ただ、
厚みは立体感を表現しやすいメリットがあります。



SBGR251は文字盤のインデックスやロゴが
少し背が高めだったり
デュアルカーブ型の風防によって
全体的にボリュームがあります。


インデックスとロゴの立体感
インデックスとGSロゴの立体感



ポリッシュ仕上げの輝きも相まって
37mmモデルながら
他には無い、強い存在感・高級感を放っています。


また、9S系ムーブメントは
耐久性にも優れており、堅牢な作りになっています。
実用機として必要な厚みとも言えるでしょう。



どうしても厚みが気になる場合は
このような選択肢もあります。

  • 手巻きモデル
  • クオーツモデル
  • 新型ムーブメント9SA5搭載モデル


SBGR251の総合評価

GSのラインナップの中でも
コスパ良くGSの真髄をしっかり味わえる1本です。


廃盤は残念ですが
セイコーアウトレットなどで
安く在庫販売もされています(2021年3月時点)


手に取る機会があれば
GSらしい輝きと重厚感をチェックしてみてください